2008年06月09日

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎抜け毛と若ハゲはとても関係があるそうです。
頭の生え際のM字ハゲや、頭頂部のハゲに関係します。

脂漏性皮膚炎抜け毛とは、頭皮の毛穴から皮脂の分泌が盛んにおこなわれている事が原因の脱毛症です。
油分や皮脂を分泌させる男性ホルモンは、男性型脱毛症(AGA)のハゲる原因の一部と言われています。

育毛剤や発毛剤では効果が無いことが多く、シャンプーをして清潔に保つことが大切と言われています。

脂漏性抜け毛が悪化し、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)やフケ症になります。
毛髪の毛穴に皮脂やフケが詰まってしまい抜け毛が増え、脱毛症になります。
脂漏性湿疹が出ることもあります。

脂漏性皮膚炎になると、フケが多くなったり、頭皮が赤くなる場合やかゆみが出たりする脂漏性湿疹の場合があります。
頭皮の脂漏により脱毛を促す菌やカビが繁殖してしまうため抜け毛が増えます。
posted by 抜け毛 at 14:15 | 脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする
2008年06月08日

ストレス

ストレス抜け毛は、頭皮を固くしてしまい育毛に良くないそうです。

ストレスにより頭皮が固くなると、血行が悪くなり抜け毛が増えます。
発毛剤や育毛剤が浸透しにくくなります。

血流が悪くなると、毛根の毛穴まで発毛に必要な栄養素が行き渡らなくなります。
抜け毛ストレスには、このような脱毛のメカニズムがあります。

抜け毛防止には、まずストレスを発散させる事が大切です。
気分爽快になる事をします。

おいしい物を食べたり旅行に行く、趣味の世界にひたる。
ジョギングなどの運動やゴルフや野球などスポーツをしたり、カラオケをする。
色々なストレス発散方法で抜け毛予防するといいですね。

ストレス対策は、M字型脱毛症や男性型脱毛症(AGA)や若ハゲの抜け毛ではなく、円形脱毛症に発毛効果があると言われています。
posted by 抜け毛 at 11:30 | ストレス | 更新情報をチェックする
2008年06月05日

洗髪時

洗髪時抜け毛の本数は、以前まで20〜30本前後は抜けていました。
シャンプー後に正確に脱毛した数を数えたわけではないですが、それくらいはあったと思います。

多いときでは40〜50本くらいの洗髪時抜け毛でしょうか。
ハゲ頭から抜けていく毛髪を見ると、結構ショックな物です。

血行が悪いから禿げるのではないかと頭皮改善させようと、洗髪時抜け毛が減るように頭皮マッサージをしたりしていました。

あとは、体質改善にとジムに行って運動や筋肉トレーニングをしたり、野菜を多く摂取するようにしました。
オーガニックシャンプーや発毛シャンプーやインディアンシャンプーを試したりしましたが、洗髪時抜け毛に効果がありませんでした。

最近では、洗髪時抜け毛の本数が少し減ってきたような気がします。
気のせいかもしれませんが発毛水をつけだしてから、指にからまる脱毛した毛髪も減ってきました。

気のせいじゃないといいですけどね。
もしかしたら、本当に効果がある発毛剤なのでしょうか。
posted by 抜け毛 at 09:35 | 洗髪時 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。