2008年07月03日

薄毛

抜け毛薄毛になると、朝の毛髪の抜け毛の本数が非常に気になります。

抜け毛薄毛になるサイクルは人それぞれの期間がありますが、
毛髪の寿命は通常1〜6年サイクルと言われています。
ハゲない人は、髪が抜け落ちたら発毛します。

抜け毛薄毛を予防して防ぐための食べ物の食材には、カプサイチンと豆腐や納豆が薄毛防止や育毛に良いとされています。

抜け毛薄毛になる目安の脱毛数は、60本以上になります。
一日で抜ける髪の毛の量は、約60〜100本と言われています。
ですから60本〜百本以上の頭髪が抜ける抜け毛の状態だと薄毛になります。

薄毛抜け毛は、遺伝します。
男性型脱毛症(AGA)になる体質が遺伝するので毛髪が抜けてしまうそうです。
posted by 抜け毛 at 12:47 | 薄毛 | 更新情報をチェックする
2008年06月09日

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎抜け毛と若ハゲはとても関係があるそうです。
頭の生え際のM字ハゲや、頭頂部のハゲに関係します。

脂漏性皮膚炎抜け毛とは、頭皮の毛穴から皮脂の分泌が盛んにおこなわれている事が原因の脱毛症です。
油分や皮脂を分泌させる男性ホルモンは、男性型脱毛症(AGA)のハゲる原因の一部と言われています。

育毛剤や発毛剤では効果が無いことが多く、シャンプーをして清潔に保つことが大切と言われています。

脂漏性抜け毛が悪化し、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)やフケ症になります。
毛髪の毛穴に皮脂やフケが詰まってしまい抜け毛が増え、脱毛症になります。
脂漏性湿疹が出ることもあります。

脂漏性皮膚炎になると、フケが多くなったり、頭皮が赤くなる場合やかゆみが出たりする脂漏性湿疹の場合があります。
頭皮の脂漏により脱毛を促す菌やカビが繁殖してしまうため抜け毛が増えます。
posted by 抜け毛 at 14:15 | 脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする
2008年06月08日

ストレス

ストレス抜け毛は、頭皮を固くしてしまい育毛に良くないそうです。

ストレスにより頭皮が固くなると、血行が悪くなり抜け毛が増えます。
発毛剤や育毛剤が浸透しにくくなります。

血流が悪くなると、毛根の毛穴まで発毛に必要な栄養素が行き渡らなくなります。
抜け毛ストレスには、このような脱毛のメカニズムがあります。

抜け毛防止には、まずストレスを発散させる事が大切です。
気分爽快になる事をします。

おいしい物を食べたり旅行に行く、趣味の世界にひたる。
ジョギングなどの運動やゴルフや野球などスポーツをしたり、カラオケをする。
色々なストレス発散方法で抜け毛予防するといいですね。

ストレス対策は、M字型脱毛症や男性型脱毛症(AGA)や若ハゲの抜け毛ではなく、円形脱毛症に発毛効果があると言われています。
posted by 抜け毛 at 11:30 | ストレス | 更新情報をチェックする
2008年06月05日

洗髪時

洗髪時抜け毛の本数は、以前まで20〜30本前後は抜けていました。
シャンプー後に正確に脱毛した数を数えたわけではないですが、それくらいはあったと思います。

多いときでは40〜50本くらいの洗髪時抜け毛でしょうか。
ハゲ頭から抜けていく毛髪を見ると、結構ショックな物です。

血行が悪いから禿げるのではないかと頭皮改善させようと、洗髪時抜け毛が減るように頭皮マッサージをしたりしていました。

あとは、体質改善にとジムに行って運動や筋肉トレーニングをしたり、野菜を多く摂取するようにしました。
オーガニックシャンプーや発毛シャンプーやインディアンシャンプーを試したりしましたが、洗髪時抜け毛に効果がありませんでした。

最近では、洗髪時抜け毛の本数が少し減ってきたような気がします。
気のせいかもしれませんが発毛水をつけだしてから、指にからまる脱毛した毛髪も減ってきました。

気のせいじゃないといいですけどね。
もしかしたら、本当に効果がある発毛剤なのでしょうか。
posted by 抜け毛 at 09:35 | 洗髪時 | 更新情報をチェックする
2008年05月30日

発毛剤

発毛剤抜け毛に効果がありそうな物を探していたら、こんな発毛剤を見つけました。
発毛水という育毛剤です。
本当に抜け毛に効くのか、なんとも疑わしいですね。
http://wakahage.seesaa.net/

使用者には、こんな方がいます。
http://hatumo.blog47.fc2.com/ 
本当に発毛水の効果はあるのでしょうか。

試しに私もこの発毛剤を使ってみる事にします。
抜け毛や発毛に効果が無い場合はすぐやめたいと思います。
posted by 抜け毛 at 23:34 | 発毛剤 | 更新情報をチェックする
2008年05月29日

若ハゲ

若ハゲ抜け毛のタイプは大きくわけると二通りあります。
乾燥型と油型です。

乾燥型の若ハゲ抜け毛タイプは、女性に多く見られる若はげです。
頭皮と毛穴の脂肪分や油分が少ない若ハゲの状態で、頭髪の根元の皮膚が乾燥しがちで抜け毛が増えます。
乾燥若ハゲ型は、シャンプーや育毛剤は、保湿性の物を使用すると若ハゲ抜け毛によいです。

油型の若ハゲ抜け毛のタイプは、男性に多く頭皮に油が多い状態です。
フケが多い場合もあります。

若ハゲ抜け毛の典型的な症状と言われており、油分や脂肪分により毛穴を詰まっている場合があります。
若ハゲ型は、多くの発毛剤育毛剤を使用してもなかなか抜け毛に効果が出ない物です。

若ハゲ抜け毛には毛穴の油分を頭皮から取り除くシャンプーが良いと言われていますが、間違いのようです。

油分や脂肪分を洗浄しても、頭髪と頭皮を洗髪後またすぐに脂分が出てきて元に戻ってしまいます。
その油分に菌や酵素が繁殖して、脱毛させて若ハゲ抜け毛を進行させてしまいます。

だからと言ってシャンプーしないと良い訳ではありません。
しっかりシャンプーをして汚れを落とし、頭皮を常に清潔に保つ事が若ハゲ抜け毛に良いです。

人には各個人で違った体質があるように、若ハゲも多種多様な型やタイプがあります。

発毛剤や育毛剤を使用して頭皮ケアと毛穴ケアをしても、間違った育毛ケア方法では逆効果になる場合もあります。
posted by 抜け毛 at 03:58 | 若ハゲ | 更新情報をチェックする
2008年05月28日

防止

抜け毛防止のためにするべき事をいくつかあげていきます。

まず抜け毛防止のための育毛剤や発毛剤をつける。
毎日必ず忘れずに発毛剤をつけて抜け毛防止に勤めます。

そしてちゃんと発毛剤の説明書の使用方法を守る事です。
もしかしたら抜け毛防止に効果があり、育毛剤のおかげで髪が生えたという日が来るかもしれません。

ハゲをなるべく気にしない事は、抜け毛防止や予防に少なからず役に立つと思います。

鏡や写真に映る自分の若ハゲ画像を見て、精神的なショックをうけると脱毛し抜け毛が増えてしまい、抜け毛防止によくないと感じます。

抜け毛防止のために、頭皮マッサージをする。
頭皮マッサージで頭皮の毛穴に栄養をいきわたらせます。
血行が悪いハゲ頭より、血行がいい頭皮の方が抜け毛防止されそうです。
posted by 抜け毛 at 02:12 | 防止 | 更新情報をチェックする
2008年05月25日

頭皮

抜け毛頭皮には密接な関係があります。
頭皮にある毛髪の毛穴から毛髪は生えた状態になっています。

頭皮や毛穴が何らかの異常をきたし、髪の毛は抜け毛になり若ハゲになります。

健康的な頭皮の頭髪は、抜け毛や脱毛症になりにくいものです。
若い年代はフサフサで、高齢になると抜けずに白髪になっていきます。

抜け毛に悩んで、ハゲ脱毛関連のサイトを見ていました。
病院の皮膚科のサイトによると、抜け毛の原因が頭皮にあるそうです。

頭皮で脱毛を促進する菌が繁殖して男性ホルモンと結びつき、抜け毛になるそうです。

抜け毛対策に頭皮を清潔にすることが重要です。
しっかりシャンプーとリンスをすすぎ、育毛剤や発毛剤をつけて、菌が繁殖しないようにして抜け毛予防をしたいです。
posted by 抜け毛 at 06:59 | 頭皮 | 更新情報をチェックする
2008年05月23日

病院

抜け毛病院で診療してもらうと、内臓に副作用があるミノキシジルやフィナステリドを勧められました。
病院抜け毛にはよく使われているという事ですが、不安と言うか心配はあります。

病院で勧められた薬の使用を中止して辞めてしまうと、生えてきた分が抜け毛として脱毛してしまうそうです。
ずっと抜け毛のために病院に通い続けるのも、忙しく大変で苦痛ですね。

一応、抜け毛病院では病気として診察してくれます。
病院の皮膚科で抜け毛についてドクターの医者に相談するのは、看護婦さんもいて恥ずかしい物です。

今回のような抜け毛外来病院が全国的に普及すると、行きやすいですけどね。
抜け毛のために病院に行くとなんだかまわりの視線が気になります。
私の心配しすぎでしょうか。
posted by 抜け毛 at 21:16 | 病院 | 更新情報をチェックする
2008年05月22日

皮膚科

抜け毛に困り皮膚科外来のお医者さんへ相談に行ってきました。

皮膚科のお医者様からはAGA(エージーエー男性型脱毛症)や抜け毛に効くとされるプロペシア(フィナステリド)飲む育毛剤と塗り薬を処方されました。

プロペシアフィナステリドは、アメリカで発見された飲む発毛剤です。
発毛効果があるし抜け毛が減るし割と安全と皮膚科のドクターに言われても、もともと前立腺癌の抗癌剤(抗がん剤)の飲む育毛剤なので、体の健康面で大丈夫か副作用が無いか少々心配です。

皮膚科に受診してハゲ薬をもらうと、一ヶ月あたり1万3千円くらいかかります。
抜け毛が減り毛髪が生えれば、値段が高いけど皮膚科に通う事もいいかなと思いました。

しかし、フィナステリド成分のプロペシア飲む育毛剤の使用をやめると、また元のハゲ頭に戻るそうです。

プロペシア(フィナステライド)飲む育毛剤をやめると以前よりも抜け毛が多くなり脱毛が進行するそうです。

抜け毛が増えたら発毛しても意味無いです。
脱毛症の抜け毛で悩んでいますが、皮膚科には行かなくなりました。
posted by 抜け毛 at 04:15 | 皮膚科 | 更新情報をチェックする
2008年05月21日

胡麻

抜け毛胡麻を食べると効果的なようです。

胡麻(ゴマ)はイソフラボンなど大豆と同じような成分で、女性ホルモンに似ている栄養素が含まれているため抜け毛と毛髪の発毛に効果があるようです。

抜け毛に効く食べ物は胡麻(ゴマ)なのですね。

抜け毛予防に白胡麻や黒胡麻をたくさん食べて抜け毛防止したいと思います。
そして胡麻にはセサミンも栄養に含まれているので、抜け毛はもちろんのこと体に良さそうな健康的な食べ物ですね。

ゴマ塩のふりかけを白米ご飯や玄米にかけてみたいと思います。
posted by 抜け毛 at 17:22 | 胡麻 | 更新情報をチェックする

シャンプー

抜け毛シャンプーの両方の関係性は大きいです。

日常生活では抜け毛は、一日あたり100本から200本抜けているそうです。
この脱毛してしまった抜け毛が、シャンプーする時に頭髪にひっかかっていた毛髪の可能性があります。

若ハゲの人は、シャンプーした時に抜け毛が増えたとか、抜けた本数が多いと感じるのはしょうがない事です。

洗髪時の抜け毛の原因として、シャンプーした時にある程度は指の力によって抜けるかもしれません。

しかしハゲの原因では無いと考えられます。
それは、元々頭皮の毛穴から生えている丈夫な毛根ではなくて、数時間以内もしくは数日以内に抜けてしまう抜け毛だと考えられます。

効果的な抜け毛シャンプーがあるといいのですが、シャンプーは洗髪し髪や毛根の汚れを落とし洗うというものなので、抜け毛防止効果を期待するのは難しいのかもしれません。

機能的に抜け毛シャンプーよりも、育毛剤や発毛剤の方がハゲ対策として頼りになると感じます。
posted by 抜け毛 at 04:36 | シャンプー | 更新情報をチェックする
2008年05月20日

相談

抜け毛相談はなかなか難しいものです。
まず若ハゲで悩んでいる事を話すのに勇気が要ります。

抜け毛相談を病院のお医者さんにする場合はAGA(男性型脱毛症)で相談しても副作用と脱毛のリバウンドがあるミノキシジルの薬を処方されるだけです。

脱毛症や薄毛で悩んでいる事を抜け毛相談しても、馬鹿にされないだろうか、
内心は抜け毛相談する自分を笑っているんじゃなかろうかと、疑心暗鬼に思ってしまいます。

抜け毛相談するには、信頼できる関係の友人や友達もしくは親族になります。
同じハゲの悩みを持った同僚や上司の場合もあります。

この場合、相手がM字型ハゲなのかO型ハゲなのかで、抜け毛相談の内容も違ってくるかもしれません。

あと悩みを打ち明けて抜け毛相談をしても、育毛剤や発毛剤が効果が無いので、根本的な解決法にはならない事が多いように感じます。

しかし、抜け毛相談するとお勧めのシャンプーや予防方法や使用している育毛剤の使い心地などの情報交換になるかもしれません。

抜け毛相談をすると相手も頭髪の脱毛で悩んでいたのかと、気持ちが楽になるというメリットがあります。

周囲の信頼できる人に、抜け毛相談して髪が生えてきたら言うこと無いんですけど、そうはいきませんね。
posted by 抜け毛 at 14:07 | 相談 | 更新情報をチェックする

毛根

抜け毛毛根には皮脂油や頭皮の汚れが入ります。

毛髪が生えている毛穴にも汚れや脂肪分が入ります。
抜け毛後の頭皮の毛穴の毛根には髪の毛が無い分、汚れが蓄積されます。

抜け毛毛根に汚れがたまる事は、抜け毛症や脱毛症にとってよく無いと言われています。

毛穴ケアシャンプーや毛根毛穴ブラシなどの頭皮ケア用品が販売されています。

頭皮の汚れのつまりは、抜け毛毛根によってさらに悪化してしまいます。
そうすると不衛生になって頭皮環境が悪くなり、若ハゲは進行しやすくなるそうです。

毛根を洗ってシャワーですすいで、抜け毛防止に清潔に保つ事が良いです。
posted by 抜け毛 at 04:55 | 毛根 | 更新情報をチェックする
2008年05月19日

抜け毛症

抜け毛症になると、日に日に毛髪が抜け落ちてしまいます。
脱毛が増えたと感じる場所は、シャンプーした時や朝起きた時に枕に毛が抜けている時です。

現在、抜け毛症(脱毛症)に効く発毛剤と育毛剤や治療薬は無いのが現状です。
頭皮や毛穴に少しでも効果のある事をして脱毛の抜け毛進行を食い止めたいものです。

抜け毛症は成人男性や若ハゲに悩む人にとっては、とても深刻な問題です。
ハゲは女性に人気が無いばかりか、薄毛というだけでバカにされて嫌われてしまいます。

両親や親族の遺伝により頭髪がハゲてしまうのはしょうがない事ですから、はげだからと言って蔑視はやめてもらいたいものです。
抜け毛症でただでさえ真剣に悩んでいるのに、ヒソヒソ話や内緒話、頭部M字ハゲへの視線や態度であらわさないでほしいです。

脱毛しない白髪の人と抜け毛症の人では、こんなに待遇が違うのかと残念に思います。
posted by 抜け毛 at 14:51 | 抜け毛症 | 更新情報をチェックする
2008年05月17日

精油

精油抜け毛マッサージをすると毛髪や脱毛に良いと言われています。

なぜ髪の毛の抜け毛精油マッサージが効果的かというと、
ストレスを受けると、頭皮が固くなって頭皮の地肌は血行が悪くなり、毛髪や毛根に栄養や酸素が行き渡りにくくなるから抜け毛には精油のマッサージが有効とされています。

抜け毛対策に精油を頭皮につけ、やさしくマッサージします。
ローズマリー、シダーウッド、マージョラム、イランイラン、ゼラニウムが抜け毛予防の精油でおすすめです。

抜け毛精油マッサージは、頭皮における血流を促進作用とともに、発毛に必要な栄養を毛根に行き渡らせ血液の流れをよくします。
精油のリラックス効果により抜け毛の原因であるストレスを発散させます。

精油は男性型脱毛症(AGA)ではなく、ストレス性の円形脱毛症の抜け毛に効果があるとされています。
posted by 抜け毛 at 13:45 | 精油 | 更新情報をチェックする
2008年05月16日

悩み

抜け毛悩みになる人は多いですね。

頭髪の抜け毛は男性に限らず、女性や子供も悩みにあります。
このまま脱毛して若ハゲになったらどうしようというストレスが生じます。

抜け毛悩みは、なかなか友人や友達や家族に相談しづらく一人で悩みを抱えてしまうものです。

抜け毛解決方法があればいいのですが、育毛剤や発毛剤を毎日つけても、毛髪が生えきたとは程遠いはげた状態のままで中々抜け毛悩みは解決しないです。

抜け毛の原因と対策や予防方法がしっかりと解明されれば解決策もわかるし悩みも解決されるのですが、現代の医学の薬品や病院のお医者さんをもってしてもハゲ治療方法はわからないそうです。
posted by 抜け毛 at 16:27 | 悩み | 更新情報をチェックする
2008年05月15日

育毛剤

抜け毛育毛剤には花王の育毛サクセスとブローネやライオンの薬用毛髪力ZZとイノベートが有名です。
他の会社の抜け毛育毛剤製品にはインディアンシャンプーや柑橘楼や柑気楼があります。

どの育毛剤抜け毛に効くと書いてあるので、選ぶにあたってよく説明や成分を見て抜け毛予防効果や効能や特徴を調査する事が肝心です。

抜け毛育毛剤のライオンの新商品ZZ(ダブルジー)には、発毛促進と脱毛抑制とあります。
ZZ(ダブルジー)は、オキナワモズクとサイトプリンとペンタデカンが主成分です。

抜け毛育毛剤としてモズクと毛根のタンパク質に作用する発毛剤です。
いろいろ説明を見て、毛髪が生えそうだとか抜け毛に効果があるのではないかと思ったら使ってみていいと思います。
posted by 抜け毛 at 15:36 | 育毛剤 | 更新情報をチェックする
2008年05月14日

予防

抜け毛予防のために頭髪の毛穴の掃除やクレンジングをすると、毛穴につまっていた角質や皮脂汚れが落ちて、育毛や発毛によいそうです。

抜け毛予防に頭皮を清潔にする事が重要といわれています。

シャンプーをしっかりとして抜け毛予防対策をします。

リンスは毛穴につまってしまうので、抜け毛予防やハゲ防止のために出来るだけしない方がいいです。
リンスやトリートメントをしたい場合は、できるだけ頭皮や毛穴に触れないよう毛髪だけにする事が抜け毛予防方法としてお勧めです。

そして、しっかりとすすいで皮膚についたシャンプーとリンスやコンディショナーを洗い落とします。
抜け毛予防のために毛穴がつまらないように時間をかけてシャワーで流します。

ドライヤーで頭髪を乾かしたら、育毛剤や発毛剤をつけて抜け毛予防をします。
posted by 抜け毛 at 15:50 | 予防 | 更新情報をチェックする
2008年05月13日

女性

抜け毛女性の悩みは深刻で、脱毛症の女性の数は日々増えているそうです。

抜け毛は男性特有のものでハゲは男子の悩みと思っている方も多いと思いますが、女性や女子も若ハゲになる事があります。

これは女性だからと言って抜け毛やヘアケアに対して、おろそかになっているためです。

女性にも男性ホルモンは存在します。
もちろん、男性にも女性ホルモンはあります。

この体内ホルモンの生理現象に加えてさらに、洗髪をしてない日があるとか、お風呂やシャワーでシャンプーをせずに不潔な頭皮にしてしまったなど、頭髪を不衛生な状態にすると菌類が増殖して抜け毛が多くなります。

女性は、毛髪のためにリンスやコンディショナーをします。
これは頭皮の毛穴につまってしまい脱毛促進させてしまいます。

ヘアスプレーやワックスやジェルとかのヘアスタイリング剤も、同じように毛根や頭髪にダメージを与えてしまい抜け毛の原因になります。

カラーリングやパーマは、自毛にとても負担をかけ抜け毛の原因となるので、できればしない方が良いでしょう。

予防対策方法としては、頭皮や頭髪に良くないものは不使用にする。もしくは、なるべく頭皮や毛根の毛穴につかないように使用する事です。
posted by 抜け毛 at 17:43 | 女性 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。